木曽駒ミクロの取り組み製品
木曽駒ミクロの取り組み製品
 ミクログループのコア技術であるフォトリソ法を生かし、木曽駒工場時代より薄膜応用製品を提供してきました。
 2007年に株式会社ミクロ技術研究所より分社、根幹技術を継承したものづくりを行っています。
 現在でもLCD、OLED等のカラーフィルターの生産、スマートフォン、カーナビゲーション等に使われる抵抗膜方式および静電容量式タッチパネルの生産を行っております。
 薄膜応用技術を駆使して、今後も社会貢献をはじめとした新技術確立、安定した製品づくりを継続していきます。

 まずは1個の試作から御対応致します。ご相談頂けると嬉しく思います。

お知らせ Information

→ 過去のお知らせはこちら

メッセナゴヤ2017出展の案内

夏季休業日について

GW期間中のお休みについて

タッチテーブルのカタログを新しくしました!

年末年始のお休みについて

木曽駒ミクロの製品の紹介

静電容量方式タッチパネル -ガラス片面積層タッチセンサ- 静電容量方式曲がるタッチパネルイメージ詳細はこちら

高透過、髙信頼性、量産実績も十分なガラスタッチパネルです。
ガラス厚みは0.1~1.1 mmまで承っており、超極薄品(0.05mm)も扱っております。
曲面対応も可能ですので、お問合せ下さい。


抵抗膜方式タッチパネル -ガラス+ガラスタッチパネル- アナログ抵抗膜式タッチパネルイメージ詳細はこちら

当社は業界初のガラスタッチパネルメーカーとして、25年以上に渡り、最新の商品を提供してきました。
現在では環境に対する信頼性と視認性のよさから、純正カーナビ用タッチパネルとして数多く採用されています。


カラーフィルター基板 カラーフィルターイメージ詳細はこちら

ELや電子ペーパー等のカラー化に対応できる、高精度で完全バリア性のある曲がるガラスのカラーフィルター基板です。フィルムカラーフィルター基板も対応可能です。